実印作成

あなたはどんな実印に食指が動きますか?

印鑑は多くの方がご利用する物なので、おのずと印鑑を買い替えようとする方が数多いことでしょう。印鑑市場の実印に魅せられた方がかなりいらっしゃるようでして、特に人気がある実印はどんな物なのか見ていきたいと思います。
男女別に絶大な人気を獲得している実印とは
印鑑市場の売れ筋印鑑をご紹介していきます。男性に最も人気がある印鑑は、個人実印 彩華ブラック・16.5mmです。ただいまキャンペーン価格となっており、消費税を含めて8,100円でご購入できます。一方で、女性から圧倒的な支持を得ているのが、個人実印 彩華ブラウン・15.0mmとのこと。その商品も特化で販売していて、6,800円です。いかに多くの方が実印をお求めなのかが理解できて、社会を渡り歩く上での必需品だと言っても過言ではありません。
印鑑市場は環境にも気を遣った商品作りを意識していて
先に挙げた彩華ブラックは、エコ印材で環境に気を遣うことも意識して生み出された商品でもあります。エコブームが始まってからというもの、その勢いが印鑑作りにも及んできた証左だと言えるでしょう。しかも高級感があるとのことで、カッコいい実印をお持ちになりたい方のご期待にマッチした商品ではないでしょうか。

実印を購入したタイミング

実印を作るきっかけになったのは、車購入時が一番最初だったかと思います。当時は若かったので深く考えず、近くにあった印を実印としました。これが実印だと自分でしっかり決めたのは住宅を購入したときです、基本的には永住をするつもりなので、もう変更する必要もありませんので、自分の中で実印というものを作成しました。実印を作ったのは、印章を掘る業者さんにお願いして、やはり読みにくいというのでしょうかそのような字体になるように作成をしていただきました。これから、何度押印する機会があるのかは正直わかりませんが、やはりすぐ壊れてはいけないだろうと思い、それなりに頑丈な材料を選ぶことにしました。また、認印等の太さではなく実印らしいというか、少し太めのサイズにしました。
実印をここ最近でつかったのは、車を買い替えのでそれに押印するときや住宅のローン申し込みの時にも利用しました。実印というものはなんだか悪用されるのではないかという気がしてできればあまり押印したいとはおもいません。専用のケースを作り、大切に保管してあります。滅多に押すものではないので、長期間使用がないと、他の印鑑と見分けがつかないとわからなくなるので、わかりやすいものとなるようにしました。

実印の重要性と作成の際の注意点

日本独自の文化であると言われている印鑑には、「実印」「認印」「銀行印」「訂正印」「落款印」と5つの種類に分けることができます。その中でも、最も使用頻度の高い印鑑は、郵便物や荷物の受け取りなどにも使用される「認印」ですが、最も重要な印鑑は「実印」となります。実印は、市区町村役に登録され、様々な重要書類に必要となる印鑑で、1人1個のみの所持となります。実印は、高額な取引や契約の際に必要となり、一般的に多く使用されるのは、不動産の購入や売却、自動車の購入・売却・廃車などの他、公正証書の作成に使用されます。その為、実印を制作する際には幾つかの注意が必要です。
実印は、本人であることを証明する重要な印鑑であることを認識し、その他の認印や銀行印などとは別の扱いにする必要があります。実印を作るにあたり注意するポイントとして長く使用することを考えて、チタン、水牛、象牙といった耐久性に優れた素材を選ぶことが大切です。書体は実印の偽造を防ぐため、篆書体や吉相体などの複雑な書体がおすすめです。実印の登録は、苗字のみでも可能ですが、偽造防止や本人確認のためにもフルネームでの作成がおすすめです。実印のサイズは13.5mm~21mmが一般的ですが、市区町村役によって登録可能サイズが異なりますので、確認が必要です。

Copyright © 2016 男女別に絶大な人気を獲得している実印をご紹介いたします! All Rights Reserved.