実印作成

印鑑と実印の使い方

印鑑と朱肉

今のITの時代に印鑑や実印が重要視されてるなんて、今どきの若い人はほとんど知らないでしょう。 定年して2年経った私でさえ、印鑑と実印の違いや使用する場面が明確には分かりません。 印鑑の使用する場面が分かるのは、銀行、郵便局、重要な書類、受け取りの確認などがありますが実印の使う場面は、住宅ローンでの印鑑証明や家や土地の売買の時しか思い浮かびません。でもその実印を印鑑屋さんで作ってもらうと大変高額な金額を取られた覚えがありますが、ただ見た目は本当に厳かで華麗で渋いですし、特に字体が多く難しい漢字は本当に立派に見えます。
また普通の印鑑は長年使用してくると劣化してきて、銀行などで使用し不鮮明ですと再度提出すことが良くあります。その際よくある普通の苗字ですと問題なく街のハンコ屋で販売している簡易の印鑑がありますが、珍しい苗字の場合印鑑屋で作ってもらうことになるので、時間もかかるしまた値段も高額になってしまうので、大変な負担になってしまいます。 後よく問題になるのが、印鑑が多くなりすぎてどの銀行の何の書類に使ったかわからなくなることや、何処にしまったか分からなくり実際に使う場面で苦労したことがあります。 最後に、最近の話である大手の銀行では印鑑の廃止を始めようとしている動きがあるそうなので、今後に期待したいです。

Copyright © 2016 男女別に絶大な人気を獲得している実印をご紹介いたします! All Rights Reserved.